何かお困りですか?探偵のスペシャリスト。探偵のこと教えます。

歯槽膿漏の原因

通常、歯槽膿漏の原因を更に悪化させるものとしては、喫煙とアルコールの二つが有名です。

喫煙の場合は、ニコチンによる血管収縮による血行不全ですが、アルコールの場合は口腔内の環境変化が大きな要因です。

アルコールは酸性物質なので、胃に影響を及ぼし、結果的に胃酸物質を増加させます。その結果、胃壁への影響はもとより、歯を溶かしてしまうこともあります。

たくさんお酒を飲まれる方の場合は、常に口腔内が酸性になっているため、ブラッシングなので、アルカリ性側に傾かないため、歯へのリスクは高まります。その結果、歯槽膿漏を悪化させます。